FC2ブログ

厚木市実務者研修(第2回)

IMG_34381.jpg
所長です。先日11月28日(月)に厚木市実務者研修の第2回に講師として行ってきました。

IMG_34411.jpg
平日の午前中でしたが、今回も第1回同様、たくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございます。

前回同様児童発達支援センター、児童デイの職員さんが多かったように思います。

一口に「発達障害」といっても非常に範囲が広く、2日間いただいてもなかなか全体を詳しくお話できないなぁというのが率直な私の印象です。

1回目2回目通して私からお話したかったことは、「その特性をしっかり理解して、接すること」「表面上の言動、行動の背景に何があるのかを考えること」「発達障害の人たちへは、違う文化圏の人と思って接すること」です。

そして普段支援現場で心がけていただきたいことは、青年期、成人なら「ご本人の語りにしっかり耳を傾ける」ことです。
ASDの方はややお話が一方的だったり、考え方や表現に極端な部分があるかもしれませんが、その中にきっと支援につながるヒントがあったり、本人理解につながることがあると思います。

また児童はお話がうまくできないかもしれませんので、行動や言動をよく見ることと、保護者との関係性をしっかり取って情報をできるだけもらうこと、そして実際の支援の手法に「遊び」の感覚を取り入れることが大切だと思います。

あとは、できるだけ当事者とかかっわてみてください。
今は成人の発達障害当事者自身が運営するグループが地域にいくつかあります。
そういった会へ足を運ぶことも、支援者にとってよい「学び」の場となるはずです。

いろいろ書いてしまいましたが、今回の研修が参加者の皆様にとって有意義な機会となりましたら幸いです。

最後に今回の企画をしていただき、機会をくださった厚木市役所 障害福祉課の皆様に感謝です。

では、またどこかでお会いしましょう。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。